静岡市 メガネ めがね クレイトンフランクリン STEADY(ステディ) USH(アッシュ) 海野眼鏡店 メガネフレーム オリジナル・オーダー サングラス 

小辞典
眼鏡の部位の名称
眼鏡の素材
オーダーメイドフレーム
眼鏡の部位の名称
眼鏡の部位の名称
1) フロント  フレームの前面部、左右のヨロイ(智)から(智)までで
「前枠」ともいいます。
2) リム レンズの周りを囲む部分、リムの内側にリム線という溝があり、山型にカットしたレンズをはさみこんで固定しています。
このリムがなくレンズに穴を二箇所開けて固定するタイプをリムレス(縁なし)ツーポイントフレームといいます。
3) ブリッジ 左右のリムをつなぐ部分、リムと一体成形されていることもあり
眼鏡に加わる負荷が集中するのでとても大事な部分です。
4) クリングス リムとノーズパッドをつなぐ部分、眼鏡のフィット感を大きく左右する
鼻に対してノーズパットの幅や高さなど微調整出来るようになっています。
5) ノーズパッド 眼鏡がズレ落ちないよう固定する部分。
ハードタイプのプラスチックやソフトタイプのシリコンなどがあります。
消耗品の為定期的な交換をおススメします。
6) ヨロイ フロント両側にあるテンプルとの接続部分、智(ち)ともいいます。
テンプルを開閉する際負担がかかる部分です。
7) 蝶番 テンプルを折り畳む為の稼動部分。「ちょうつがい」「ヒンジ」ともいう。
ネジを使ったベーシックなタイプやバネを用いたバネ蝶番などがあります。
8) テンプル 眼鏡の掛け心地を左右する部分。
顔、側頭部(こめかみ部分)との接触がおおきいため、弾力性や耐久性が求められます。「腕」「ツル」ともいいます。
9) モダン テンプル先端の耳に当たる部分に付いているプラスチック製の部品。
以前はセルロイド製だったので「先セル」ともいいます。
眼鏡の素材
メタルフレーム
ピュアチタン 鉄に比べ約2倍の強度を持ち、重さは鉄の約1/2で
アレルギーフリーで耐腐食性に優れている
βチタン 従来のチタンと比べ熱に対する強度とバネ性があり加工性に優れている。
リムやテンプルなどに使用されている。
NT合金 ニッケルとチタンの合金で、特殊な熱処理や組成処理を加えることで
 ・ある温度以下で変形させたものが、加熱することで変形前の形状に戻る
  形状記憶特性(効果)
 ・曲げたり伸ばしたり時に、力を抜くとゴムのように元の形状に戻る
  超弾性特性(効果)
眼鏡フレームに用いられるのは、超弾性に重点を置いています。
プラスチックフレーム
セルロイド 加工時に燃焼性が高く、紫外線により劣化しやすいという短所もありますが、温かみのある色合いと独特のツヤがあり好まれる方も多いです。
アセテート 現在主流となっている素材です。
透明感のある色合いと生地を重ねることにより色々なパターンの組み合わせが出来る為、とてもポップでカラフルなフレームがあります。